「話し上手は聞き上手」の意味と話し上手な人の特徴

昔から話上手聞き上手という言葉があります。

テレビの MC を見るとよくわかる通り、 視聴率の良い番組の司会者は、番組をうまく進行しています。やはり話し上手聞き上手というのは、特別な技術だということがわかります。今回は、話し上手聞き上手の意味と特徴について考えてみたいと思います。

話し上手=よく喋るではない

「話し上手は聞き上手」な人のイメージは、よく喋るような印象があります。しかし、優れた司会者を見ると必ずしも 、よく話すとは限らないようです。もちろん、番組を司会の話術で引っ張って行くような光景を見られますが、口数の少ない司会者も存在します。

口数が少ないからと言って、番組のゲストが嫌な気持ちになってるかと言うと同じように笑顔で接しているのを見ると、話し上手聞き上手というのは、よく話すからだけではないようです。

「話し上手は聞き上手」の真意

「話し上手は聞き上手」になるためよく言われているのが、自分が話す以上に人の話をよく聞いているということです。某タレントの書籍にもあるように、話の場を盛り上げるには相手の話を聞くことだということが書いてありました。

番組の司会というのは、主役は司会ではなくゲストということ、近いというのはあくまでも番組の進行であり、話の腰を折るようなことはしないのです。

ゲストがいかに気持ちよく話をしてもらえるように、進行しているのです。司会がよく話しているように見えても、それはゲストの話を広げているだけなのです。

ですから「話し上手は聞き上手」の本当の意味は、「聞き上手の上の、話上手」なのです。

話し上手の人の特徴

やはり人と話すことが好きなようです。時には自分と合わない嫌な人と話さなければならないというもあります。しかし、話上手な人は自分の気持ち以上に話すことが好きなので、相手が誰であろうと、とりあえず話すということしてしまうのです。

また、話し上手な人は、自分の気持ちをうまくコントロールできることも特徴の一つです。話の内容によっては、感情が高ぶることもあります。感情のままに、話をしていては話が続かないので、話が続くように、自分の気持ちをうまくコントロールして我慢できる能力を持っています。

ですから話し上手ではない人も、今のような特徴を知って実際の会話の中で、実践していけば特別話術がない人であっても「話し上手は聞き上手」に他の可能性があるのです。

初めは友達から練習してみて、特徴をつかめたらいろんな人対して練習してみると、いつのまにか「話し上手は聞き上手」になっているかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする