話し上手になるためのトレーニング方法は?

会話が苦手な人は、話し上手な人を見て、羨ましいと思う時があるかもしれません。私もあんなに話せたら、もっと友達ができるのではないか、好きな男性と付き合えるのではないか?また仕事がうまくいくのではないかなど、社会に出れば、ますます人間関係が大切になってくるものなので、話し上手になれば、人生においてもとても強みになります。

話上手なだけで、人生をうまく乗り切ってしまう人もいるのでやはりそのような人を見ると、羨ましく思ってしまうのも無理はありません。今回は、会話が苦手な人でも、話し上手になるトレーニング方法を紹介したいと思います。

話し上手になるトレーニングの前に…

話し上手になるトレーニング方法を紹介する前にやっておきたいことがあります。

それは心の整理です。話し上手になる前に、なぜ私は話し上手ではないかを考えてみるのです。自分の今までの行動を考えると、原因が分かると思います。話し上手というのは、ただ口数が多いというわけではなく相手を納得させるような会話でなければなりません。

相手を納得させるには、自分の考えをしっかり持っていないと難しい場合がほとんどです。心の整理ができてないにもかかわらず、話し上手になろうと思っても、話の要点がブレてしまい、なかなか難しいのです。自分の弱い部分、原因をはっきりさせ、克服するように心がけましょう。

話し上手になるために大事なのは相手の話を聞くこと

自分が無理に話さなくても、相手の話を聞くだけで、話し上手に近づけます。話し上手というのは、相手が気持ちよく話せれば良いのですから自分が主役になる必要はないのです。相手の話の流れに沿って、自分の話を乗せて行けばいいのです。

無理に話を変えたい、自分の話したいことを道に進めたりすることは、あまり話し上手とは言いません。常に相手のことを考えて、笑顔で聞いてあげましょう。笑顔で頷くことで、相手は自分の話は楽しいと思いもっと話してくれるはずです。そうなれば、既にあなたは話し上手になっているはずです。

話し下手な人の中には話術が上手くない人も

しかし、聞いてばかりでは会話ではない、私も話したいと思っている方もいると思います。しかし、自分が話してるつもりでも、話してるうちに何を話しているのか分からなくなってしまう。こういった経験はないでしょうか。

自分の話をして、さらに会話を楽しみたいのであれば、初めは相手の話の内容に沿った、関連したもので話してみると良いのではないでしょうか。

自分で話すという行為は、自分が思う以上に脳をフル回転させなければ話せません。元々自分からの話が上手ではない人は、全く違う話を話すにはリスクが大きいので、相手の話の内容に近いことを話すことで、途中で迷子にならず話しやすいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする