相手に好かれる話し方テクニック5選

人に好感を持つとき、あなたなら何をきっかけにすることが多いですか?その人の雰囲気、性格、顔など、人によって好感の持ち方は様々だと思います。たとえば相手の話し方に好感を持ったことはないでしょうか?

昨今ではSNSが発達し、直接顔を合わすことなく文字だけでやりとりが成立するツールが増えています。しかし、その影響で面と向かって会話をする機会が減ってしまい、コミュニケーションを取るのが苦手な人が増えている、とも言われています。

世の中にはコミュニケーション能力の向上を手助けする話し方教室や、相手を不快にさせないためのボイストレーニング教室なども数多く存在しています。

家族と話すにしても、友人と話すにしても、好きな人と話すにしても、会社の人と話すにしても、会話というコミュニケーションがなければ信頼関係は深まることはありません。会話の必要性を考えつつ、どんな話し方が好かれるのかを改めて考えていきましょう。

好感を持たれやすい話し方5選

会話によるコミュニケーション能力向上のために、好かれる話し方を取得したくても何から始めればいいかわかりませんよね。会話は相手がいないと成り立たないもの。あなたが人から好感を持ってもらうために必要な、話し方のポイントについて紹介していきます。

トーンを同調する

明るい声で話してくれるのはとても印象が良いように感じますが、もちろん臨機応変で応対することが重要です。

もし自分が辛いときや悲しいとき、相手が明るいトーンで話し方をしてきたらどう思いますか?空気読めない人だな?などと思ってしまいませんか?

人は同調することによって共感を生みやすい生き物です。相手のトーンを意識して同調し、共感を得て好かれるように意識しましょう。

会話を遮らない

話の腰を折ってしまうような話し方をする人は、敬遠されがちです。必ず相手の話を一通り聞いた上で、自分の意見を話す方が好かれる話し方だと言えるでしょう。

感情的にならない

感情的になってしまうと人は興奮が高まり、話し方は早口になりやすくなるので、聞き手側が言葉を聞き取りづらくなる上に、情報を処理して整理する時間が追いつかなくなっていきます。

一方が感情的な場合には、もう一方の人は成立していない会話を面倒に感じてしまい、話を中断してしまう可能性があるので注意が必要です。感情的にはならず、落ち着いた話し方の方が好かれることは言うまでもないでしょう。

相手の否定をしない

たとえば友人があなたに悩み事を相談したとしましょう。相手はその悩みを自分の中にだけ留めておくことが出来ずあなたに相談したのに、あなたがその話を真っ向から否定したらどうでしょう?

その友人は次は別の人に相談しようと思ってしまうはずです。全てを肯定することが正しい訳ではないですが、否定をされることは少なからず相手は傷つきます。

そこはしっかりと相手の言葉をしっかりと受け止めた上で、否定的な話し方にならないように、自分の意見を補足的に付け加えるようにしましょう。そうすれば、この人に相談してよかった、と好かれる機会も増えるのではないでしょうか。

会話にも気遣いを

会話とは言葉のキャッチボールです。相手が居ないと成り立つことはありません。二人きりで話すときは、相手のことをしっかり意識して耳を傾けてください。

複数で話すときは、言葉の橋渡し役を意識しる話し方を試してみるのも良いかもしれません。あなたのパスが的確であれば、受け取り側は気持ちよく話を続けることが出来るのです。

好かれる話し方の必要性

人に好かれることばかりを意識しながら話をすると、会話に内容がなくなりがちになってしまいます。

人に好かれるためには、相手に同調することが得策と言えるかもしれません。もちろん相手が人の悪口を言っていたり、ネガティブな発言をしたりしている場合の同調はNGです。

相手の気持ちを汲み取ることを意識して会話することを心掛けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする