消極的な性格をなおすには?

もう少し自分の性格が積極的ならば・・と、思う事がある人や、そんな場面に遭遇した事のある人は実は少なくありません。しかし、消極的な性格と言うのは意識したり、少し考え方を変えるだけで直すことが出来るのです。

ではどんな風に消極的な性格を直すのかを簡単に掘り下げたいと思います。

気持ちの切り替えが大切!

特に自分の性格が消極的な性格だと感じる場面は複数の人といる場面で感じやすいと言われています。一対一の関係性の場合はそうでもないのに、なぜか複数でいる時には、自分がどのタイミングで話を切り出したら良いのか?またはタイミングを逃したと思いがちになるのです。

そんな時は自分の中で気持ちをぱっと切り変える事がとても重要になるのです。先ほどの会話ではスムーズに出来なかった自分を責めたり、悔やんだりせずに、すぐに気持ちを切り替えて、次の会話の時に、自ら言葉を発してみることがとても肝心になります。

いつまでも出来なかったことを悔やむよりも、次はこんな風に話の流れに入ってみようと切り替える気持ちが積極性をもたらしてくれるのです。

また家に帰宅して、今日のことを反省する時間があるならば、反省するよりも今日はどんな風にしたらもっと積極的な自分になれかたの改善点を見つける事が大切なのです。過去の失敗を悔やんでもどうしようもありません。次に繋げることを考えましょう。

人に言われて嬉しかったことを思い返す。

消極的な性格の人は自分に厳しい人が多く、自分という人を評価してあげません。消極的な性格を直すには、これまで人に言われて嬉しかった言葉や、自分が褒められた時の事を思い出してください。自分の長所を改めて実感する事で、人の心は積極性を持てるのです。

就寝前に積極的な自分の姿を描く癖をつける。

就寝前の意識がもうろうとしている時の想いは、潜在意識にインプットしやすいので、アスリートなどが就寝前に自分の良いプレイを描いてイメージトレーニングをすると言いますが、それは一般の人でもやる価値があるのです。

就寝前や起床したばかりの時に、自分が積極的になって人と話をしたり、人の先頭になって何かをしている姿をありありと描くのです。毎日1~2分で良いので、就寝前や起床直後に癖をつけてみましょう。

気が着いたら、あなたの性格はとても積極的な性格になっている事に自分でも驚かせれることでしょう。人は少しの意識変化と習慣の変化などで性格を変える事ができるのです。いつからでも決して遅くは無いので、ぜひ試して欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする