嫌われた時の対処法

人に嫌われたかも。と思うほど悲しく寂しいものはないですよね。様々な人間観家のある社会で嫌われてしまうというのは少なからずあるものです。誰からも嫌われることのない、完璧な人間はいないのです。しかし、嫌われたままでは気分手は悪いです。対処を順番に考えてきましょう。

自分にとってその人はどんな人ですか?

「嫌われた」と思う相手の人は、あなたの人生においてどのような人でしょうか。必ず、一緒にいないといけない人?仕事上、付き合っていかなければならない人?友人の一人?

このように今後関りを持たなければならない人であれば、アプローチをしていく必要はあります。しかし、その場でしか会わない人。今後関わらなくてもかまわない人ならばわざわざ嫌な思いをして、相手の機嫌を取る必要はないかと思います。できる限り、今後は関わらないように避けていくのも1つの手です。

自分の何が嫌われたのか

「嫌われた」と感じるならば、あなた自身に何かしらの非があり、相手に不快な思いをさせてしまったのか。と考えるのが妥当でしょう。それを見つけられなければ今後その人との関係は悪化していき、さらにほかの人まで不快に思うことが出てくると思います。まずは何が原因で相手に食らわれたのか分析してみましょう。

どうでしたか、自分に非があったのであればささっと謝罪をしましょう。それが一番人間関係が崩れない方法です。しかし、自分の非が見つけられないこともありますよね。その時は、客観的に見てもらえる人に状況を説明して、助言をもらいましょう。あなたが悪くないことだってあります。そんな時は、気にせず何もなかったかのようにしましょう。

最後は考え方と大人の対応で

自分の非を認め、謝罪もした。自分には非はなさそうだけど、嫌われている。そうなると関係修復に時間を費やしたくないですよね。人生その人と自分しかいないわけではありません。ここはあなたが大人の対応をして一歩身を引きましょう。

「この人はこういう人」とレッテルを張って、極力相手の地雷を踏まないように気を付けて関係を続けていくことが無難です。ただし、自分のありもしない悪い噂をその人が流したりしていたら、信用のおける人たちにきちんと説明はしておきましょう。味方を作っておくことは大切です。自分の身は自分で守りましょう。

いかがでしたか。学生までは気にならなかった人間関係に戸惑いがあるかと思います。社会人になる、社会にでるということは人間関係が必ずついてきます。人を見る目を養い、時には逃げてもいいです。一人、二人に嫌われたからと言って世界の全員が敵になりません。考え方ひとつで気持ちの持ちようを変えることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする