積極的な性格になる方法とは?

女性は男性よりも言語野が広く、会話が上手と言われていますが、性格はそれぞれです。積極的な女性もいれば、なかなか話せない内向的な女性もいます。内向的な女性は、感覚的に行動に移るタイプというよりも、よく考えて行動するタイプなので、相手のことをよく見ます。

積極的ではない性格はマイナスではない

相手の性格が分からないと、とても心配なので積極的に話せない傾向にあるのです。これは決して悪いことではなく、大きな失敗が少ないので、メリットでもあるのです。

大切なことはまず、積極的でない性格をマイナスと捉えないことです。自分の内向的な性格を納得した上で、積極的な性格になるよう気持ちを切り替えれば良いのです。

積極的にならざるを得ない場所に身を置く

今まで内向的な性格のため、無意識に人ができるだけ少ない場所にいたのではないでしょうか。人に会わない方が、話すことがなくとてもリラックスすることができるので心地よいのです。内向的な性格をこれからも続けるのであれば、それでもかまわないのですが積極的な性格になるためには、やはり人前に出なければなりません。

しかし人前に出るのは勇気がいることです。そこで、人前に出る仕事を選ぶというのが、一つの方法です。アルバイトでも構いません。とにかく人前に出て、自分から話しかけるような仕事をすれば、積極的な性格にならざる得ないのです。どのように話しかけていいかわからなくて心配だと思う人もいるとは思いますが仕事の研修で、大体のノウハウを教えてくれます。

まずはそれを丸覚えし、初めのうちはそれに従って人に慣れていきます。一週間もすれば、人に会うという抵抗がなくなっていくので、気持ちにも余裕が生まれます。余裕が持てるようになったら、研修で覚えたい以外の自分の言葉をアドリブで試しても良いでしょう。知らず知らずのうちに人と話すことが楽しくなっているはずです。

仕事だと割り切って役を演じるつもりで

途中逃げ出したいと思っても、普通の生活であれば逃げ出す選択肢はありますが、仕事なので途中でいなくなるということはできません。もし、なかなか慣れないと思った時は、これは自分ではないと思うとやりやすいです。役者のように役を演じてみるような 感覚です。そうすれば、恥ずかしさはなくなるでしょう。

一人でいきなり人前に出る仕事ができないと思ったら、友人を誘ってアルバイトなどから始めることも良いのではないでしょうか。自分の性格を変えたいと思うことはとても大変なことです。最終的には自分の気持ちが強くなければ変えることできません。大切なのは、良い方法以上に自分が良くなりたいと思う気持ちがあるかどうかです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする