内向的な人が向いている仕事とは?

積極的な人は、どんな仕事、職場であっても大抵の場合上手く立ち回ることができますが、内向的な人にだって向いている仕事があります。

ここでは、内向的な人が向いている仕事をご紹介していきます。その前に、内向的な人の特徴をまとめました。どんな特徴があるのかを知ることで、仕事選びがしやすくなります。

内向的な人の長所

内向的な人が得意なのは、物事を深く考えることです。発言するときも少し考えてから口に出すので、リスク管理も得意です。よく考えることから、何かを生み出すクリエイティブなこと、研究すること、臨機応変な動きも得意分野です。人間関係の観察をたくさんしているので、周りの人たちへの気配り上手でもあります。

こうしたことから、意外に思われる方もいるかもしれませんが、リーダーにも向いています。ウォートン大学の研究では、「内向的なリーダーが外交的なリーダーよりも物事を良い結果に導く」と言う結果も出ているほど。偉人の中でもガンディーやダーウィン、ビルゲイツも内向的だったと言われています。

内向的な人の短所

逆に短所を知っておくことも大事です。内向的な人の短所は、相手の気配りが得意な分、気を使いすぎてしまうことです。そして考えが深いところから、なかなか決めることができない優柔不断さも出てきています。

内向的な人が向いている仕事

長所と短所を見てみると、内向的な人の特徴が見えてきたと思います。人間関係を深めることは疲れてしまいがちの性格なので、内向的な人を活かす仕事は、自分自身を深めるクリエイティブなことや全体を見ること、気配りやリスク管理、臨機応変さなどの長所を活かせる仕事が向いています。具体的に触手を詳しくご紹介していきます。

クリエイティブな仕事

まず向いているのはクリエイティブな仕事です。

・例…ライター、デザイナー、イラストレーター、プログラマー、建築士、研究職、美容師、メイクアップアーティスト、職人、など。

全体を見る仕事

全体を俯瞰して相手を動かすことが仕事も向いています。

・例…管理職、オペレーション業務、コンサルタント、経理、総務、現場監督、ソーシャルワーカーなど。

長所を活かせる仕事

内向的な人の長所である臨機応変さ、気配り、リスク管理を活かせる仕事が向いています。

・例…秘書、コールセンター、接客、事務職、サポート業、介護士、通訳、など。

内向的な人が向いている仕事をご紹介しました。内向的な人と一口に言っても、あなたらしさが活かせる仕事が1番だと思います。あなたらしさが活かせる仕事を探す参考にしてもらえたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする